フェイスリフト

顔のたるみは「フェイスリフト」で解消する

自分の顔は毎日見ているので多少の変化に気づきにくいものです。3年前・5年前と比べてどうでしょう。
また加齢スピードが加速していると感じる敏感な方もいるでしょう。その一つに顔全体のたるみが大きな要因なんです。

フェイスリフト

体重はそれ程昔から変わらない人でもどんよりとしたフェイスライン、以前より顔が長くなった?と自覚したらそれはたるみによる老化が進んできています。
少しだけ耳の横から斜め上に引き上げてみましょう。何才若返りましたか?40代以上になると今までに無い老化を感じる事が多くなります。しかし気持ちは同世代の周りのどの人よりも若く見られたい。
たるみと一言いってもその程度はちょっとしたハリの無さからブルドック状になった頬のたるみまで様々です。
自分で引き上げた時皮膚が引きつれた様に見えるのは顔の筋肉自体が緩んでるせいです。
化粧品などのたるみケアはあくまでも保湿重視であり土台を改善するものではありません。フェイスリフトは皮膚の下、緩んだ筋肉事態を引き揚げることで根本的に改善した状態でたるんだ皮膚をシワなく沿わせ余分な皮膚を切除します。

軽いたるみであればテープやヘアスタイルで何とか対応できます。ただし、根本的な解決策ではありません。ましてや強いたるみの場合は表皮を強く引っ張る事で不自然さが悪目立ちしてしまう為止めておきましょうね。術後の腫れの期間は1週間と美容外科の中では長く感じられますが、術後すぐの変化に満足度も高いでしょう。

フェイスリフトの費用

リスクと問題点

フェイスリフトの名医

さまざまなご質問

Q&A
ほうれい線はどこまで消えますか?
基本的にフェイスリフトの効果は下顔面、フェイスラインの引き上げてラインをスッキリとさせることでたるみを解消し、以前のような小顔に戻す、たるみをリセットするのがフェイスリフトです。もちろん、引き上げることによってほうれい線も改善はしますが、ほうれい線の改善を主たる目的とするのであればフェイスリフトではなく、ヒアルロン酸注射などでほうれい線の凹みを改善させることが望ましいですし何より仕上がりが自然です。
ほうれい線を改善させようと引き上げると引きつれや不自然な表情を作り出してしまいますので注意する必要があります。
普段の生活に戻るまでにはどれくらいの日数が必要ですか?
腫れや内出血などは4、5日である程度落ち着きますが、フェイスリフトの手術の場合、1週間後に抜糸が必要です。ですので1週間は糸が見えてしまいますので普通の生活に戻るには8日以降が必要とお考えください。
靭帯を処理するフェイスリフトって何が違うんですか?
フェイスリフトの靭帯処理についてはいくつかの意見がありますが、一般的に行われている靭帯の処理というのは、皮膚の剥離によって一度、皮膚と靭帯とが剥がされますので、皮膚を引き上げて靭帯の位置をリセットするというのが靭帯処理の実情です。実は靭帯処理だからと言って何かしらの処置・処理をしている訳ではないのです。もちろん、靭帯を細かく結びつける医師もいますが、国内でも数名の医師しか存在しておりません。
ただし、その靭帯処理が正しいか否かというのは過去に学会でも賛否ありましたが、結果的には大きな差を生じないという意見も根強くあまり行われていません。

関連記事一覧