二重まぶた

目元が華やかになるとあなたの印象は大きく変化する

憧れの二重まぶたを手に入れる方法にはいくつかの方法がある。糸で止めるだけの「埋没法」、皮膚を切開する「切開法」、まぶたの開き具合を改善して目そのものを大きく見せることができる「眼瞼下垂」。大切なのは今のあなたにとってどういった方法が適切であるかということ。ゴールである仕上がりについて最も適切な治療法を選ぶことが何より大切です。ここではそんな二重まぶたの治療法についてご紹介します。

二重まぶたになると…

二重まぶたになると目が大きく変化し、表現力豊かな印象に変わります。そのため美しさにさらに磨きがかかるだけではなく、知的さや可愛らしさなどあなたが潜在的に持っている美しさの要素を引き出すのも二重まぶたの特徴です。まぶたは悩んでいても解決することは何もありません。思い切って”美容整形”という選択も考えてみてはどうだろう。

  • 可愛くなる
    目力が強調される
    メイク映えする
    目が大きく見える
  • 見た目がキレイに
    優しい表情に見える
    笑顔がキレイ

二重まぶたにする方法

埋没法

埋没法とは、皮膚に大きな切開を加えることなく、糸を通すことによって二重まぶたを作る代表的な美容整形手術の一つ。大きな切開を加えないことから腫れや内出血などのリスクはほとんどなく手軽に受けることができるのが埋没法の大きな特徴。どんな人にも埋没法は向いている訳ではないが、初めての美容整形なら非常にお勧めの方法であることに違いはありません。

埋没法を徹底解説

切開法

皮膚に切開を加えて取れない半永久的な二重まぶたにすることができるこちらも美容整形の代表的な治療の一つです。二重まぶたの人気は高く、多くの女性が目元に何かしらのコンプレックスを抱えている。だからこそ二重まぶたの整形は人気が高い。切開法は厚ぼったい、腫れぼったい瞼をスッキリとさせることもできるので安定した人気のある治療法の一つです。

切開法を徹底解説

目を大きくする方法

二重まぶたは目を大きくする訳ではありません。目を大きく見せるのが二重まぶたの手術です。しかし、本当に目を大きくしたい場合はまた違う治療法が必要となるのです。ここでは目を大きくする二重まぶたの代表的な治療法をご案内します。

眼瞼下垂

黒目を大きく見せたい!多くの女性が憧れる”黒目がち”な目元。それを叶えることができるのが”眼瞼下垂という手術です。二重まぶたの整形は全て皮膚を操作することで理想的な二重まぶたを作っていたのですが、眼瞼下垂はこれまでの二重まぶたとは全く違い、皮膚と筋肉を操作することでより目を大きく表現することで美しさを強調する特別な治療方法です。
黒目がちな眼差し、表現力豊かな目元は眼瞼下垂で手に入れることができます。

眼瞼下垂を徹底解説

目頭切開

目頭切開というのは、目の内側の皮膚を切開し、余分な皮膚や蒙古襞、靭帯を処理することで横方向に広げ、白目を露出を増やし目を大きく変化させる目の整形手術です。目頭切開はパッチリとした大きな目元、優しげな可愛らしい目に変化するため埋没法や切開法など二重まぶたの手術と併用して受けることが多い治療です。

目頭切開を徹底解説

目尻切開

目を外側、横方向に広げることで目を大きくすることができるのが「目尻切開」です。外側の白眼を広げることで目元に華やかさを出せるため、メイク映えしやすく少し大人の印象にも移り変わります。目をもっと大きくしたいと思っている方にお勧めの治療法です。

目尻切開を徹底解説

グラマラスライン

垂れ目がちな目というのは、可愛らしさと優しさのある印象に変わります。ほんの少し垂れ目がちな目元だったら。その想いを叶えることができる、それが「グラマラスライン」です。グラマラスラインは瞼の外側を少し下方向に下げて垂れ目がちな目元に変化させる治療です。内側から治療する場合は大きな腫れもなく傷跡も残さないため隠れた人気のある治療法の一つです。

グラマラスライン

まぶたのたるみを取る方法

瞼のたるみが気になり始めた。ずっと気にはなっていたけれどもう我慢の限界。そんな方は美容整形でたるみを一気に解消させることができます。たるみを取ることで見た目年齢は大きく下がり若返りますので、目元に自信を持つことができます。

上眼瞼切開

上眼瞼切開とは、まぶたの弛んでしまった皮膚を直接切り取ってたるみを瞬時に解消させることができる代表的なアイリフト手術です。外科的にたるみを取り除きますので効果は直ぐに劇的に現れます。傷跡の不安はありますが、実際には目立ちませんしそれ以上に目元が若返りますので結果には十分満足することができます。

上眼瞼切開を徹底解説

眉毛下切開

気になる瞼のたるみ、上眼瞼切開のように皮膚を取れば良いと思われる方も多いのですが、まぶたに直接切開を加えると二重まぶたになってしまいます。眉毛下切開は二重まぶたにすることなく、単にまぶたのたるみを取る場合は眉の下から切開して皮膚を取り除くことで目元の印象を変えることなく自然な目元の若返りを実現します

眉毛下切開を徹底解説

関連記事一覧