1. HOME
  2. skincare
  3. 若見え肌
skincare
若見え肌

若見え肌

skincare

11

実際の年齢よりも若く見える人、それとは逆に老けて見える人。その違いってどこにあると思いますか?
その答えは”肌”にあるんです。若く見える肌の秘密、こっそりと教えます。

若見え

若見え肌とは、そのまま若く見える肌のこと。若い肌というのは、透明感があり、みずみずしく弾力がある素肌ですよね。

10歳近く若く見える
”若見え肌”のカギを握るポイント

実際の年齢以上に若く見える秘訣って。
そのカギを握るのが「肌の印象」なんです。
なかでも若見え印象を左右する重要ことは?
特に、40~50の代女性が気になっているお肌の悩みや老いを感じる場所とは…?
大人女性のリアルな肌事情を探ってみましょう。

若見え肌の3つの要素

シミ・くすみがない白く輝く素肌

弾くような弾力ある素肌

ピンと張った肌や弾くような弾力のある素肌は若々しい印象を与える大事な要素ですよね。

シワやハリのなさを感じる素肌

年齢を重ねる度に増え続ける「シワ」、年齢を重ねる度に失われる「ハリ」たるみを加速させないエイジングケアが重要

Q2「シワ」や「シミ」が気になる顔のパーツは?

自慢のパーツに続いて、次は肌悩みの代表格である「シワ」「シミ」について聞いてみました。
調査の結果、「シワ・ハリのなさ」を感じるのはどの世代においても「目もと」「口もと」で上位独占!
「シミ」に関しては全世代で「頬」が1位を独占する結果となりました。

シワ・ハリの低下、シミは世代を超えて共通するお悩み。
目元や口もとの「シワ・ハリのなさ」、頬の「シミ」をケアしていくことが若く見せるためのポイントといえますね。

老けて見える要因は?

肌によって印象年齢がどれくらい変わるか比較してみましょう。
アンケート調査の結果、一番多かったのは「5歳若く見える」という回答。
次いで多かったのが「10歳以上若く見える」という答えでした!

~“老け顔”の3大要因~

  1. フェイスラインのたるみ
  2. 目尻の小じわ
  3. ほうれい線

若見え肌を作るエイジレスケア

肌を根本的に若返らせる
肌の再生医療による若見え肌の作り方

線維芽細胞注入で若見え肌を作る

PRPで若見え肌を作る

シワやたるみを消して
見た目を若返らせる若見え肌の作り方

ヒアルロン酸注射で若見え肌を作る

ボトックスで若見え肌を作る

コラーゲン注射で若見え肌を作る

ハイフで若見え肌を作る

スキンケアで
見た目の若返りができる若見え肌の作り方

ケミカルピーリング

イオン導入

フォトフェイシャル

ダーマペン

老けて見える大きな要因は、
目尻の小ジワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみ。

『これらの年齢サインにしっかりアプローチすることで
5~10歳は若く見せることが可能に!』

あなたにオススメの記事

「老けて見えるか、見えないか」の違いって?
40代は、2度目の曲がり角!エイジングケアを今すぐ始めましょ!

気づいてからだと遅い!?加齢を実感してから、平均2年3ヶ月遅れでエイジングケアを始めているとの驚きの結果が。肌の悩みを解決するためには、2年3ヶ月がカギとなる?

“見た目年齢”を左右するのは肌のハリ!
老け顔をつくる「しぼみ肌」とサヨナラするには?

年齢を重ねると肌にあらわれやすくなる、乾燥による小ジワ・ほうれい線・フェイスラインのたるみ。ピン!と押し返すようなハリ肌を目指す「進化型