1. HOME
  2. 輪郭の整形
  3. エラ削り
  4. 骨切り【エラ削り】で解消できる大きな顔の悩み
エラ削り
エラ削り

骨切り【エラ削り】で解消できる大きな顔の悩み

エラ削り, 輪郭の整形

10255

四角形の顔、横に広がった輪郭は美しさを損ねると同時にあなたの見た目の印象を大きく位置付けてしまいます。そのためエラを気にしている方は非常に多い。小顔矯正が人気があるようにエラに対しコンプレックスを感じている人が非常に多いものなのです。
しかしだからと言って美容整形の骨切りまで考える人は少ないでしょう。やはり、怖いという感覚もあるでしょうし、手術までは…と思うんでしょう。

確かに美容整形は受ける前までは怖いものです。しかし、エラ削りを含め輪郭を整形して美しくなった女性の多くは前向きな気持ちになり、自分自身に強い自信を持つことができる現実もあるのです。ここでは小顔の整形手術「エラ削り」についてご紹介します。

エラ

エラ削りとは

エラ削りというのは、下顎の骨、フェイスラインを作っている骨を削って、切り落としてフェイスラインを土台から変えてしまおうという外科的な小顔矯正手術のことです。

エラ削り

どうやって削るの?

骨を削るってエラのところを切って骨を露出させて、骨を削ると思っている人も多いと思います。それじゃ傷もできてしまうし… 実はそうではないんです。表面に切開を加えることは無いんです。どうやって削るのかというと、お口の中から治療します。

左右の奥歯の付け根部分を切ってそこから骨を露出させ、そうして骨を切り落としたり、削ったりすることでエラを削るんです。たった数センチの視野で骨を削るなんて器用以外に言うことはできません。
当然ですよね。エラ削りにはかなり高い技術が必要なんですから。
さらに言えば、削る方法も一つではありません。単純に広がっている骨を削る方法もあれば、外板切除と言って骨を薄くしたり、広範囲に下顎の骨の縁に沿って骨を削る治療もあるんです。

いろいろなクリニックによってどういった削り方が良いという表現がされていますが、削る方法ももちろん大切なんですが、それ以上に必要なのは仕上がりに応じて適切に骨を削ることができるか否かと言うこと。
肝心なのは医師の経験と実績がすべて結果につながると言うことを忘れないでください。

エラ削りー 治療の流れ

エラ削りの治療の流れについてご紹介しましょう。
まず始めはカウンセリングです。自分自身がどういった仕上がりを希望するのかということをしっかりと医師に伝え、それを聞いた医師は具体的な治療法について説明してくれます。カウンセリングというのは術後のイメージを医師と共有する大切な場所です。カウンセリングでエラ削りが成功するか、失敗してしまうか決まると考えて良いでしょう。

次は検査です。エラ削りを受けるには、血液検査、レントゲン、心電図、頭部のCTなどの諸検査が必要です。検査の結果が出るまでに1週間程度を見ておきましょう。

いよいよエラ削りの手術です。手術そのものは2時間程度で終了しますが、全身麻酔で治療しますので、術後3、4時間程度休む必要があります。その後は普通に帰ることができます。

術後は強い腫れなどを伴いますが、10日から2週間程度で腫れは落ち着きほぼ仕上がりの状態になるでしょう。

エラ削りの手術金額ってどれくらい?

最近、テレビやSNSで美容整形について語る方が増えていますが、その金額に驚いたことはありませんか?それらの方々は数百万円、数千万円という金額を公言していますよね? 美容整形ってそんな金額になってしまうの?って不安に感じている方もいるでしょう。
実際にエラ削りっていくらぐらいかかるんだろう。クリニックのホームページの料金では高額とはいえ、あそこまで高額になってはいない。ここでは実際のエラ削りの金額についてご説明します。
一般的なエラ削りの相場ですが、

エラ削りの手術金額100万円前後

これが基本的な金額と考えて良いでしょう。

エラ削りでかかる本当の金額

クリニックのホームページの料金表、実際にエラ削りを受ける場合、本当にその金額で済むと思っていますか?
ここではエラ削りの手術で本当にかかる金額について詳しくご説明します。

エラ削りを受ける場合に実際にかかる金額というのは、初診料(カウンセリング)、各種検査、手術費用、麻酔費用、術後に使うフェイスバンテージ。これらがエラ削りで必要となるとお考えください。

  • 初診料(カウンセリング)0〜5,000円
  • 各種検査20,000〜50,000円
  • エラ削り+麻酔100万円〜120万円
  • 術後のケア用品 など10,000円

このようにエラ削りを受ける場合、手術費用以外に発生するものがあるということを知っておきましょう。余談ですが、消費税についても確認しておきましょう。

エラ削りのお勧めクリニックって?

それじゃどこでエラ削りを受けるべきなんだろう?エラ削りの名医、お勧めの病院っていったいどこなの?誰もが思う疑問ですし、絶対に知りたいことでしょう。まず、エラ削りは高い技術が必要であると言うこと。そうしてしっかりとした設備の整っている病院、医療機関で受けると言うことです。これらのことを参考してみるのも良いと思います。

  • 経験は豊富なの?
  • クリニックの設備は整っているの?
  • 術後のアフターケアは充実しているの?

経験は豊富なの?残念ですがそれについて知る方法はありません。ですので唯一、参考にできるのが専門医を持っているか否かと言うこと。美容外科もしくは形成外科の専門医を取得している場合、一定の経験と実績があると判断して良いでしょう。

私たちがお勧めするエラ削りの名医

私たちがお勧めする安心してエラ削りを受けることができる美容外科をご紹介します。
ここで紹介する美容外科は専門医の取得はもちろん、整った医療設備についても私たちが自ら足を運んで確認しています。また、アフターケアについても詳しい内容を確認し適切であると判断しています。

エラ削りの名医

さまざまなご質問

Q&A

エラ削りに関するさまざまな疑問や不安なことにお答えします。

希望する仕上がりに整うのか不安です。失敗の可能性というのはどれくらいあるんでしょうか?
エラ削りですが、失敗のリスクは非常に少ないでしょう。希望通りにならないというのは、治療を担当する医師との仕上がりイメージの共有です。そこがズレていれば手術そのものは成功したとしても満足のいく結果にはなりません。仕上がりイメージを正確に共有するために大切なことはカウンセリングです。
手術を決めたら担当医と術後の仕上がりについて徹底的に話し合うことです。そこを適当にしてしまうと失敗の可能性が高くなりますのでしっかりと行いましょう。担当医にはしつこいくらい確認すべきです。
もし、それでてきとうな対応する医師であれば、そのクリニックでのエラ削りはやめた方がいいでしょう。
周囲にバレることが不安です。エラ削りを受けたってバレることはないんでしょうか?
エラ削りですが、傷跡は残りませんが、エラが突然に小さくなるわけですから何かしらに変化に周囲は気がつくでしょう。正、それが直ちに整形を受けたと考える人は少ないです。特にマスク下の環境であればあまり心配されることはないと思います。
傷跡が気になるという口コミを見かけます。傷跡ってどの程度の残るんでしょうか?
傷跡ですが、標準的なエラ削りの場合、皮膚表面を切ることはありませんので傷の心配はないです。ただし、皮膚表面側から切開する術式もありますので、治療方法については担当医と方法についてしっかりと確認しましょう。
エラ削りの術後の腫れですが、どの程度でどれくらい持続するんでしょうか?
翌日が腫れのピークでかなり腫れます。強い腫れ3、4日持続し1週間から10日程度である程度落ち着きます。