1. HOME
  2. ヒアルロン酸注射
  3. ヒアルロン酸注射
ヒアルロン酸注射
ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

53

ひあるろんさんちゅうしゃ

ヒアルロン酸

注射で叶える美容治療!!

鼻を高くして綺麗になったり、ほうれい線を消して若見せしたり。手術までは怖いから注射でなんとかしたいって方多いですよね。そんな方は絶対に“ヒアルロン酸注射”がおすすめ。
注射するだけだから痛みもなければ、治療後のダウンタイムもなし。それで綺麗になれるんだから受けないなんてもったいない。

今の自分を崩すことなくちょい足しするだけなので誰にもバレずに変われるって本当に助かりますよね。ここではそんな『ヒアルロン酸注射』について深掘りしていきます。

簡単に短時間でキレイになれる!

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射とは、皮下にヒアルロン酸を注射してボリュームを継ぎ足し、膨らますことによって、シワの溝を埋めたり、鼻や顎の形に変化を加える整形治療を言います。注射するだけなのでダウンタイム(日常生活への制限)がなく、簡単に手軽に治療できるため常に人気がある治療です。
しかし、手軽さやメリットだけが先行し、リスクなど負の部分があまり知られていないこともあり、トラブルが絶えないのもヒアルロン酸注射の特徴の一つです。ここではヒアルロン酸注射の良い部分だけではなく、デメリットを含め詳しくご紹介いたします。

ヒアルロン酸注射の効果

ヒアルロン酸注射の効果は単純です。「膨らます」、「溝を埋める」、「ハリ・弾力を取り戻す」この3つの効果を引き出すことでさまざまな美的効果を実感することができます。

ヒアルロン酸注射 効果

どんな効果が期待できるのか

鼻を高くしたい場合は、高くしたい部分に注射するだけで鼻の高さや形を変えられますし、顎をツンと尖らせたい場合は顎先にヒアルロン酸を注射することで形を変えることができます。また、頬のたるみ、ほうれい線が気になる方は、ほうれい線の溝となっている部分にヒアルロン酸を注射して埋めることでほうれい線は一瞬にして消すことができます。

  • 鼻を高くする
  • おでこを出す・丸くする
  • おでこのシワを消す
  • 目の下のクマを消す
  • 目尻のシワを消す
  • まぶたの凹みを改善する
  • 顎を出す・尖らせる
  • 鼻筋を通す
  • こめかみをふっくらさせる
  • ほうれい線を消す
  • 目の下の凹みを埋める
  • 肌のハリ・艶・弾力を取り戻す
  • 頬を高くする
  • 頬のコケを治す など

使用するヒアルロン酸製剤は、それぞれ注射する部位や皮膚の厚さに応じてタイプの違うものを使用する必要があります。

いつから効果が現れるのか

ヒアルロン酸はボリュームを継ぎ足すことです。溝を埋めたり、形に変化を加えるだけなので、治療中、注入直後からその効果を実感することができます。そのため鏡を見ながらヒアルロン酸を注入し、その都度状態を確認することができるのでご自身が十分に満足できる結果を得ることができるんです。

ただし、急にボリュームを継ぎ足すため皮膚の状態によっては少し馴染むまでに時間がかかってしまうことがあります。

その効果はいつまで続くのか

ヒアルロン酸は注入直後から少しずつですが分解・吸収が始まります。注入したヒアルロン酸がすべて吸収されるには2年程度の時間がかかるとお考えください。
でも勘違いしないで下さい。
注入したヒアルロン酸がすべてなくなるまでに2年近くかかりますが、効果が2年続くことじゃありません。

注入したヒアルロン酸は、外回りから少しずつ崩していくように分解していきますが、その速度は一定で、急激に分解が速くなったり遅くなったりすることはありません。そのため効果もある日突然急になくなるのではなく、少しずつゆっくりと元の状態に戻っていくんです。
効果の有無については、その方の意識の問題で違ってきますが、概ね半分くらいの方は、注入したヒアルロン酸が6〜7割程度吸収されると効果が少なくなった、無くなったと考える傾向にありますので、1年〜1年半近くで効果が無くなると考えて良いでしょう。

効果を長く持たせる方法

せっかく注射したヒアルロン酸。少しでも吸収を遅らせたい、効果を長持ちさせたいと考えるでしょう。しかし、効果を永く持たせる方法というのはありません。注射したヒアルロン酸製剤は薬剤です。薬剤の吸収というのは個人差はあるものの、吸収速度は常に一定です。そのため何かをすることで吸収を遅らせたり、効果を長持ちさせる方法というのは存在しません。

注入したヒアルロン酸の吸収を遅らせることはできませんが、注入して1年頃に再度注入する、いわゆるリタッチをすることで効果に大きな変動がなく、安定した効果を持続させることができるのでお勧めです。1年後というのは注入したヒアルロン酸が半分程度残っているので、同じ仕上がりにするとしても半分の量のヒアルロン酸で済ませることができます。

ヒアルロン酸注射の種類

ヒアルロン酸注射で扱うヒアルロン酸製剤ですが、国内で承認されている製剤は2種類です。一つはアラガン社のジュビダームシリーズ。もう一つはガルデルマ社のレスチレン・シリーズです。この他は全て未承認の医薬品です。

ジュビダーム・シリーズ

ボトックスで馴染みのあるアラガン社のジュビダーム・シリーズ。国内で最初に承認を受けたブランドで、その影響を受けたこともあり多くのクリニックで利用されています。

レスチレン・シリーズ

プチ整形ブームが到来した時に一番多く扱われていたのがこのレスチレン・シリーズです。ダブルクロスリンクなどヒアルロン酸の架橋矯正にこだわった構造です。

これら二つの製剤についてどちらが優れている、優劣の判断はできません。というよりもどちらも安全であり、吸収時期なども大きな差はありません。なのでこだわる必要は全くないと考えて良いでしょう。

RISK

ヒアルロン酸注射のリスク・問題点

ヒアルロン酸注入のリスクには軽いものから非常に重篤なものまであることを知っておきましょう。

腫れ・内出血

痛み・違和感

結果に不満

チンダル現象

血流障害

アレルギー

PRICE

ヒアルロン酸注射の料金・費用について

鼻を高くしたい、ほうれい線を消しちゃいたい、でもヒアルロン酸注射って一体いくらくらいかかるんだろう? ここではヒアルロン酸注射の料金・費用についてご案内いたします。

費用の仕組み

ヒアルロン酸注射は特に検査等を必要としないためカウンセリング後直ちに治療を受けることができますので、余分にかかる費用というのはほとんどありません。

治療費用=初診料ヒアルロン酸製剤

初診料は無料のところから5,000円のところまであります。初診料の相場価格は3,000円です。また、クリニックによって違ってきますが、麻酔費用(麻酔クリーム、シール)などを別途(1,000円程度)設定しているところもありますので事前に確認しておきましょう。

費用の相場

ヒアルロン酸注射の料金の相場ですが、以下の価格をご参考にしてください。

眉間:25万円

ヒアルロン酸注射をお得に受ける

ヒアルロン酸注射は

【初めてのヒアルロン酸注射】ヒアルロン酸注射のメリット・デメリットと受けて感動した結果

CHOICE

クリニック選びのポイント

ヒアルロン酸注射は

  • 医師の経歴・経験
  • 治療実績はどれくらいあるのか?
  • 症例写真を確認しよう!
  • 切開するデザインの形
  • 術後の保証の範囲 など

医者の技術の差ってなに?

ヒアルロン酸注射

仕上がりの違い効果の持続期間副作用のリスク など
Q&A

ヒアルロン酸注射に関する質問集

効果が持続する期間ってどれくらい?
ヒアルロン酸注射が吸収されるのはいつ?
注射した後の痛みはあるの? あるならいつまで続くのか?
不自然にならないか不安です。何か良い方法はありませんか?
出典・リンク

ヒアルロン酸注射に関する情報

当サイト以外で出典・紹介されているヒアルロン酸注射の情報、副作用等に関するwebサイトをご紹介します。