1. HOME
  2. 美容外科
  3. 輪郭の整形
美容外科
輪郭の整形

輪郭の整形

美容外科

9229

輪郭の美容整形

周りと比べて「私、顔大きいかも」「顔が四角いのよー」と顔の輪郭の悩みはどうしても人と比較しがち。
今はスマホですぐ写真が撮れる為気が抜けません!痩せれば変わるから!何て思っていませんか?骨格は変わりませんよ。そんな方に知って欲しい正しい輪郭の作り方。
単純に骨を削ったりするだけでしょ。っと思わないでください。顔のベースとなる大事な部分です。悩み別にどんな方法があるのか一部ですが紹介していきましょう。
顎がしゃくれている。または顎が首と一体化している様に見える。顎のラインが丸っぽいなど、一言に顎といっても悩みは人それぞれ、顎は削るだけで無く、形を整えてこそ満足するのではないでしょうか?
また、エラが張って気になる方にもエラを削る方法があります。決して簡単なものではありません。皆さんが一番に心配されるのは傷跡や痛みなどではないでしょうか。こういった術式には口の中から切って対応する為傷跡に対してはそれ程気にする必要が無いと思われます。痛みは人それぞれ感じ方が違う為、安易に大丈夫とは言えませんが、基本薬でコントロール出来る範囲である事とピークは2ー3日程度です。
これ以外にも顔の輪郭は頬骨だったり、下ぶくれ、偏平したオデコなど自分ではこんな悩み解決出来るの?何て思っているのであれば、是非相談すべきです。綺麗の手段を知らないだけで実はちゃんと手を伸ばせば届く所にあるのだから。

輪郭の整形の方法

輪郭の整形、基本的に主となる治療法は骨切りです。骨切りは輪郭を表現する土台となるもので治療によってさまざまな大きさや形に変化を加えることができます。

アゴ削り

顎が歪んでいる、顎が大きい・長いなど顎の形一つであなたのイメージがついてしまいます。そのためコンプレックスとして感じている人が多く、顎の骨切りは非常に人気の高い治療の一つです。

アゴ削り

エラ削り

四角い顔型、広がっているエラ、大きな顔など、エラの広がりや形一つで見た目の印象を負の特徴のあるものに映し出してしまう輪郭は本人にとっては非常に切実な悩み。でもご安心ください。エラは比較的容易に解消させることができるんです。
それが「エラ削り」という方法。下顎角骨と呼ばれるエラ部分の骨を削り取ってスッキリとしたシャープなフェイスラインに整えることができます。数日のダウンタイムを除けば瞬時にエラを解消できるので非常に人気があります。

エラ削り

頬骨削り

頬骨が広がっていたり、前に突出しているとゴツゴツした輪郭の印象となり男性的な印象を与えてしまいやすい。また横に広がっている頬骨は大きな顔として表現されてしまうため、そのような悩みを抱えている方には是非とも「頬骨削り」をお勧めしたい。もちろん、骨切りだから抵抗感は否なめません。しかし、頬骨削りは再発することなく一度の治療で、それから先ずっと輪郭で悩むことがなくなるというメリットがあります。頬骨削りはあなたの人生を良い方向に導くことでしょう。

頬骨削り

注射で小顔

輪郭を矯正する方法は骨を治療するだけではありません。筋肉(咬筋)を治療することで、エラを小さくして小顔にすることもできるのです。その方法が”エラボトックス”です。
また、フェイスラインやアゴの形は”ヒアルロン酸注射”で補正することができます。
ここでは注射で補正できるそれぞれの治療についてご紹介します。

エラボトックス

エラボトックス

今はスマホですぐ写真が撮れる為気が抜けません!エラは痩せれば変わるから!何て思っていませんか?骨格は変わりませんよ。そんな方に知って欲しい正しいエラボトックスの知識をご紹介します。

エラボトックス

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射

もう少し顎が長かったら、少し尖らせ気味の顎になりたい。これらのお悩みはヒアルロン酸注射で一瞬にして解決することができます。注射だけなのでダウンタイムもなく誰でも手軽に受けることのできるヒアルロン酸注射を知って下さい。

ヒアルロン酸注射