1. HOME
  2. beauty
  3. 二重まぶたの作り方
beauty
二重まぶたの作り方

二重まぶたの作り方

美しい二重まぶたを作る方法って

二重まぶたの手術を受ける前に知っておくべきこと。それはやはり「二重まぶたの作り方」。一体どんな方法で二重まぶたにすることができるんだろう。ここではそんな疑問を解決し、納得して二重まぶたの整形治療に望むための情報をお伝えします。

二重まぶたの作り方

二重まぶたがどうやってできるのか、ほとんどの方はその原理からして知らないことが多いでしょう。まずは二重まぶたと一重瞼の構造上の違いについてご説明します。

一重瞼と二重まぶたの構造上の違い

まず始めに一重瞼と二重まぶたの構造上の違いをご説明します。

目を開ける動作というのは、まぶたを持ち上げることから始まります。構造上、どのような働きになるかと言うと、まず瞼の筋肉が縮んで瞼が上に引き上げられます。その際の瞼というのが、瞼の中にある「瞼板」と呼ばれる組織を持ち上げるということです。

一重瞼の人は、瞼板だけが持ち上げられ、皮膚は持ち上がらず垂れ下がった状態になってしまいます。ところが二重まぶたの人は瞼板が持ち上がると同時に、皮膚も引き上げることで二重まぶたになっているのです。

いったい何が違うのか、それは挙筋腱膜と呼ばれる繊維状の組織が皮膚としっかり癒着しているかどうかということ。たったこれだけの違いで一重まぶたになるか二重まぶたになるか違ってくるのです。

二重まぶたの作り方

一重瞼と二重まぶたの構造の違い、それは挙筋腱膜ということはご説明しました。じゃ、どうやって二重まぶたを作るのか? それは挙筋腱膜と同じ役割を人工的に作るだけなのです。よくわからない人も多いと思いますので具体的に説明します。

瞼板と皮膚の間に何らかの形で癒着を作れば自然と二重瞼を作ることができます。問題はどうやってその癒着を作るかということ。その方法は2通りしかありません。一つは瞼板に糸を通して皮膚との間に癒着を作る方法、もう一つは皮膚を切開することによって瞼板と皮膚との間に癒着を作る方法です。

前者を埋没法、後者を切開法と呼んでいます。

  • 埋没法:糸を使って皮膚と瞼板との間に癒着を作る【埋没法】
  • 切開法:切開して癒着によって皮膚と瞼板との間に癒着を作る【切開法】