1. HOME
  2. 未分類
  3. 「老化はどこからともなくやってくる。」
未分類
肌老化

「老化はどこからともなくやってくる。」

未分類, 脱毛

7223

「老化はどこからともなくやってくる。」
30代から睡眠不足や疲れたりした時に目の下にクマが出て気分が一気に下降。コンシーラーで隠してみても時間経過と共にヨレやすくイヤだなぁって思う事が多々あった。
ただ,忙しさにかまけて肌にかまってる暇は無い。正直めんどくさいとも思っていた。全体的に見れば自分は若く見られるし大丈夫(コレは何の自信?)。
あれから十数年,40代後半目の下に浅い皿の底ラインのようなシワができ始め、「乾燥かな。ちょっと保湿でも重ね付けしてみようかな。」なんて,まだこの時には気付いてはいなかった。まさか自分の肌の中では着々と老化が進んでいるとは。気がつけばこのラインがまだ薄くはあるが2本3本と増え,シワラインの形がお椀の底の様になっていた。
急に来た変化にびっくり!若く見えたのはただの童顔なだけ。このまま50 ,60歳にはなりたく無い!そんな思いで美容外科の病院に訪ねてみようと心に決めた。のはいいが,ちょいちょい臆病風が吹いて来て中々踏み切れない自分。続けてシワとりのパックすればなんとか出来るんじゃないかと思いやってみるも思った程の効果は得られなかった。ここは意を決して尋ねてみよう。
通常シワと言ってもその程度は様々,乾燥からのものは角質層の乱れから,老化による真皮層のコラーゲンが減少(破壊)の結果,土台が崩れる為に落ち窪んだシワとの事。私の場合もちろん後者。その改善方法も様々でしたが,一番の悩みは目の下にある膨らみとシワだったのです。人相が悪くなり、顔色も悪く見え疲れていると言われる。決して疲れて無いわけでは無いが人に指摘される程では無いはず。厄介な目の下のシワは皮膚がたるむ事だけでは無いんだって!
えっ、どうゆう事?実は老化は皮膚だけで無く眼球を支える靭帯も緩み下垂するのだ。その時に脂肪が押されて目の下に溜まり溜まった所にシワが出来て老け顔になりやすいのだそうです。ではどうすればいいの?目に下の脂肪のたるみの治療には「下眼瞼脱脂」です。顔の皮膚もたるみが長期に渡ると皮膚が伸びるだって。妊娠やダイエットみたいって事。目の下の脂肪を取り除く(プチ脂肪吸引的な)と皮膚は戻ろうとするけれど長い期間程度が酷い場合は戻りきらないので「下眼瞼切開」って方法があるんだ。コレは脱脂と切開がセットになってるもの。お得?いやいや,今なら「脱脂」だけで済むならこれ以上は放置しないよ。あえて老け顔を放置するわけにはいかないからね。これは無理かなぁって思っているだけで行動に移さないのは勿体無い。人生長いんだもん。ここいらで一回リセットかけてもいいんじゃないかな。