1. HOME
  2. 美容皮膚科
  3. 老け見えの原因は「ほうれい線」
美容皮膚科
ほうれい線

老け見えの原因は「ほうれい線」

「努力せずとも報われる」
毎日スキンケアしたりメークやらで鏡を見ている。当たり前ですがこれが現在の自分。ちょっとシワがなあとか,ほうれい線がちょーと深くなったかなあとか思う日々。たまたま仰向けになっている時に鏡を見てみると「おっ!結構かわいい?」起き上がって再度鏡を確認。「アレ?だめじゃん!」そう,これが過去の自分と今の自分のギャップだと言う事を思い知らされたのだ。
毎日見ていると少しずつの変化に気がつかなかったりしてました。いいえ,正直見て見ぬフリをしていただけなのかもしれません。一気に過去と現在を見比べる事が出来る。そして何が自分を老けさせているのかと言うと頬の影・ほうれい線であるというのに気がついた。
すぐに過去に行って自分に言いたい。「これからの10 年間スキンケアをちゃんとして!絶対に化粧したまま寝たりしちゃダメだからね!携帯ばかり触っていつまででも夜更かしは禁止だからね!」はぁ〜。
ダメダメ溜息ばかりしていたら幸せが更に逃げていっちゃうよぉ〜。
実は私この時凄い事に気がついたんです。シワとほうれい線では大きな違いがある事が分かったのです。重力があるかないかの差です。(常識ですけどと言わないで)寝た状態で重力がかからなくなると、ほうれい線が見えなく(薄く)なるということは、ほうれい線は「頬が下がって」現れる線だということ。そのため、ほうれい線は「たるみ」に分類されるのです。
一方のシワはどうかというと、重力とは関係がなく、肌深くに刻まれていくものなので、仰向けに寝ても、消えることは無かったのです。ほうれい線がたるみであることを認識すると、おのずとお手入れ方法もわかるでしょう。
たるみは総合的ケアとして①保湿②紫外線対策③マッサージ④ヒアルロン酸注射
①の保湿は最近やり始めています。普段しているスキンケアの延長だもんね。年齢的に20代前半から使用していたシリーズ。30代では無理があったと自分でも気がつき始めていた頃だったのよ。
②の紫外線対策として日焼け止めを夏の間だけでなく通年使用する事に。なんとなく、乾燥しやすいって思っていたけど、最近の化粧品って優秀ですね。逆に保湿してくれる。素晴らしい。最近ではビタミンのサプリも取り入れて美意識高めを目指していますよ。
③のマッサージが厄介。美意識高めなんて言ってすぐですが,正直ダイエットもヨガもジムも続かなかった。でもこれは,いちいち用意して出向いて行かなくてはならない。食事も飽きてしまう。しかし,今度はツボ押したり,顔のストレッチした時は簡単だから続けようと意気込みだけはありました。
ゴメンなさい。甘い自分を許して下さい。直ぐに忘れてしまいます。でも時々思い出した時はするのよ。時々ね。
でも言わせて欲しい,表情筋を鍛える事でほうれい線の予防には効果的だけど、既にあるほうれい線をどうにかするには非常に道のりは長く、それが報われる保証もないのですから。そう,私には合っていなかったんだ。そこで最後の砦④のヒアルロン酸注射しかないのでは?老け見えを解消するにはやっぱり「美容医療」でしょう。ここ十数年前から美容外科への見方が背徳的で隠したがるから好意的で前向きになってきていると思います。ましてやヒアルロン酸注射であれば美容院に行くよりも早い。まさにエステ感覚。
美容医療なら治療直後から効果を実感できしかも1年以上、効果が続くとの事。まさに救世主と言っても過言ではないでしょう。