1. HOME
  2. 初めての体験・経験
  3. 【初めての二重まぶたの整形】埋没法を受けてみてわかったこと
初めての体験・経験
初めての埋没法

【初めての二重まぶたの整形】埋没法を受けてみてわかったこと

【初めての埋没法体験談】
ぱっちりとした目に憧れ10年間毎日アイプチを続けてきた20代女性のAさん。ついに埋没法を受けようと思い先日二重手術を受けてきたとのこで感想を伺ってみました。埋没法とはどんな手術なのか、手術までの流れはどうなるのか、仕上がりには満足しているのかなどなど…手術を受けて感じた本音を聞いてみましょう。

・埋没法ってなに?
「気軽に受けれる埋没法ってどんな手術なんですか?」
A.簡単に言うとまぶたに糸をひっかけて二重をつくるプチ整形手術です。この手術は皮膚を切ったり縫ったりすることは一切しないため、傷ができることもありません。ダウンタイムもほとんどなく手術を受けることができるので、二重にしたいけど休みがなかなか取れない人や切ったりするのに抵抗がある人にはすごい嬉しい方法だと思います!それに、もし二重をつくって形が気に入らなかったり元に戻したいと思ったら糸を取り除けば元のまぶたの状態に戻すこともできるんです。そういう面でも埋没法は人気で誰でも気軽に受けることができるんだと思います。

「なぜ埋没法を受けようと思ったのですか?美容整形に抵抗は感じませんでしたか?」
A.元々両目とも奥二重だったので、ずっとぱっちりとした目に憧れてました。16歳の頃からずっとアイプチをして二重をつくっていたんですけど、毎日毎日面倒だし友達とお泊まりで遊びに行ったときにメイクを落とすのが本当に嫌で…でも整形には抵抗があるしってずっと悩んでたんです。そんなときに仲の良い友達が埋没法をしてきたのを見て、すごく自然だし整形をした感も全くなかったのですごく羨ましくなっちゃいました。それに最近だと学生で手術する人も多いし、埋没法はメイク感覚だよって言われて、やろうと決心しました!手術をすると決めてからは、今まで感じてた後ろめたさのようなものは一切ありませんでした。

・手術ってどんな感じ?
「カウンセリングから手術までの流れを教えてください。すぐに受けることはできますか?」
A.カウンセリングに行った日に手術はできません。事前に採血検査が必要なのでカウンセリングをして採血して手術の予約だけしてその日は終わりです。私はカウンセリングと採血検査をしてからちょうど1週間後に手術を受けました。
カウンセリング当日に手術できるクリニックもあるみたいですよ。

「手術中や手術後の痛みってどんな感じですか?」
A.麻酔をするので手術中に痛みを感じることはありませんでした。少し引っ張られてる感じとか触られている感じはありましたけど痛いと感じたことはなかったと思います。ただ、麻酔の注射は少しチクっと刺激がありました。でもそれも全然耐えられる程度で一瞬で終わります。
手術後も直後は少しジンジンと痛む感じはありましたが、痛み止めを服用したらそれも治りました。それ以降痛みを感じることは私はなかったです!

「ダウンタイムは?もし埋没法を受ける場合どのくらいの休みが必要ですか?」
A.私は土曜日に手術を受けて月曜日には仕事に行きました。私の場合腫れもほとんどなかったのもあり、翌日に友人に会っても何も言われないくらいでした。腫れてもそんな目立つものではなく浮腫んでる程度の腫れだと言われたので、手術日含めて3日休みがあれば十分だと思います。話を聞くと結構翌日から仕事や学校に行く人も多いのだとか。でも内出血が出てしまうと完全に消えるのに1週間くらいかかってしまうそうですよ。

・仕上がりに満足してる?
「Aさんの理想の二重は実現できましたか?満足してますか?」
A.仕上がりには大満足です。もっと早くやればよかったという気持ちでいっぱいです。
私は末広型で自然な二重をつくりたかったのですが、それが見事に実現しました!毎日アイプチをしてた時間もなくなり本当に楽ですし、メイクを落としても二重のままなんて…すごく感動しています。二重にしたいけど整形はこわいと悩んでいる人はぜひ埋没法をおすすめします!

「周りの反応は?」
A.いい反応ばかりです!自然すぎて埋没法をしたのを気づかなかったという友人もいました。また、私の二重を見てやりたい!ってなった友人もいましたよ。やって良かったねってすごい言われるのでとても嬉しいです。

「埋没法のデメリットや注意点などありますか?」
A.埋没法に感動しすぎて特にデメリットを感じた部分は私はありません。強いて言うなら永久的な二重ではなく、いつか元に戻ってしまうところかな。長く持つ人もいればすぐ取れてしまう人もいるようで、それはその人のまぶたの状態や日常生活によって変わるらしいです。私もすぐに取れてしまったら悲しいので、あまり目を擦らないようにしたり刺激を与えないように注意したいと思っています。