1. HOME
  2. tourism
  3. 飛騨高山 〜女子一人旅〜
tourism
飛騨高山女子一人旅

飛騨高山 〜女子一人旅〜

tourism

70

女子一人旅

非日常を味わう

日々のストレスから少しでも解放されたい

GW前に頼まれていた大量の仕事が終わり、ようやく落ち着きを取り戻せた週末。

仕事から戻り、家に着きいつものようにとりあえずテレビを点けてみる。
ぼんやりとテレビを見ていると、「まだ間に合う!GWの食事と旅」という内容の番組。あ!まさに今の私に必要な番組だ!

まだ濡れている髪を乾かすのも忘れるほどその番組に見入ってしまい、時計を見ると30分が経過。洗面台で慌ててドライヤーで髪を乾かした。

さぁて。
2019年、今年のGWは最大で10連休♪
5月1日に半日出勤があるけれど、その前後は連休だ!
きっともうどこも混んでいて旅行などいけないと思っていたけど、近場でどこか探してみようかと、この番組を見ていたら急にテンションが上がりわくわくしてきた。

iPhoneで”飛騨高山”を検索。
そう、さっき見ていた番組の特集は、愛知~岐阜へ抜ける飛騨高山がメインの内容の番組だった。

古さを残しながらも、人の手がかけられて活き活きとしている建物は、今の私にはぴったりの旅先だと思ってしまった。
食欲を刺激する飛騨牛の映像に見入ってしまったので、もはや心は完全にあちらにトリップ中~。

調べてみると、北陸方面から飛騨へ出るルートと番組同様名古屋から向かうルートがある。しかし北陸新幹線はすでに予約で満席…。
ならば!本数も多く空席もわずかに残る名古屋ルートを選択。まぁこれが王道だよね。

名古屋からレンタカーを借りて長い高速を一路飛騨を目指した。
途中コンビニでコーヒーを買い、トイレにも寄ったのに想像以上に遠いので、心が折れてしまいそう。

ようやく現地へ到着した時にはすでに14時を回ってしまっていて軽くショック。
でも、ここからがさらに問題。駐車場がなかなか見つからない…。
やっと「空」の文字が見えたのは、中心市街地から歩いて20分も離れたとこだった。

飛騨高山は日本でも有数の観光地。
通常でも観光客でにぎわっているけれど、GWということで現地はさらに人であふれかえっていた。

川の流れに合わせて作られた道は碁盤目状になっており、どの路地を見ても雰囲気のあるお店が数多く、思わず興味をそそられてしまう。
外国人観光客も多い。多分古都っぽいこの街並みをインスタグラムに投稿するんだろうなぁ…何より私もインスタにあげたい!!

この街並みの景観が維持されているのは、県や市の条例で決められているんだろうなぁと思うけど、それにしても維持が大変だ〜なんて考えたりしてみたり。
街を横断する宮川にかけられた中橋は、全体を朱で染めていてとても美しい。

ご飯の前に、古い和菓子屋さん「とらや」に立ち寄ってみよう。
ネットで調べたら草餅の美味しいらしい。疲れた今の私はもう頭の中が草餅でいっぱい!

店は狭いながらも行列ができており、小さな一口サイズの草餅がどんどん売れていく。
草餅を含め、味噌饅頭、きんつばなど6個を詰めてもらい、近くのカフェで頂くことに。

甘すぎない餡と、強いよもぎの香り。
美味しい…!草餅ってこんなにおいしかったのかと改めて感じ、なんだかはまってしまいそう。

今夜は何を食べようかな。
豪華に飛騨牛と朴葉味噌といってしまおうかな…。

こうやって悩んでいる間が1番幸せなひとときかもしれないね。